大江橋クリニックの美容皮膚科

うちは親子三代で通っています

中学生の額にできたニキビは一つでも大問題。毛深くて腕や足が出せない。いつの間にか頬にシミが!疲れた時に鏡を見るとほうれい線が目立つ。同窓会に行く前に少しでも肌の色を明るくしたい。唇のシワがだんだん深くなってきた。

美容皮膚科は、様々なお悩みに答える医学的な治療を行なっています。


美容皮膚科は何をするところ?

美容皮膚科って、シミやほくろを取るところ?
ピーリングやエステをする病院のこと?
レーザー脱毛もしているみたいだけど、エステより高いのかな?
ニキビやニキビ痕を診てもらうところじゃない?
肝斑やたるみ取りのレーザーとかもあったりしない?
ドクターズコスメとか美白化粧品を売ってたりするよね?

大江橋クリニックは、もちろんそうした治療も行えますが、基本的にはまずきちんと診察を受けていただいて、その人にあった治療プランを考えることが一番大切だと思っています。美容医療とは健康で若々しく、美しく過ごすための予防的、健康増進的医療だと考えているからです。

(一般の)皮膚科が、
皮膚表面の「痛い、痒い、じくじくする、皮がめくれるといった(=不快な)症状を改善する」「皮膚や爪、毛の異常な(=社会生活を送る上で不利益を伴うようになった)色調(=赤い、黒い、色むらがある)や形態(=でこぼこする、変形する)を修復する」などの「病気の治療」を主体とした診療科であるなら、
美容皮膚科は、
「病的でない、病気とまではいえない」皮膚を、より健康に若々しく保ち、生活の質を向上させるために、日常からできるアンチエイジングケアを行なう
予防皮膚科といえると思います。

皮膚科 (主に保険診療)

  • ぶつぶつや痒み、皮膚の痛み、腫れなど何らかの明確な皮膚症状を治療します。
  • 医師の診察を受けて、塗り薬と内服薬を貰うのが治療の中心です。
  • 症状により液体窒素や紫外線、レーザーを使うこともあります。
  • 治療法や使用する医療器具は病名に応じて、厚生労働省が決めた方法に従います。
  • 診療報酬点数表(保険の料金表)にない治療はできません。
  • 一つの病気の治療に際し、保険診療と自費治療を併用することはできません。

美容皮膚科(主に自由診療)

  • 明確な皮膚疾患がない老化防止、病気の予防などの相談をします。
  • 傷跡修正やシミのレーザーなど保険には規定がない治療も自由診療になります。
  • 医師の裁量で最新の薬や器具が比較的自由に使えます(法的制限はあります)。
  • 治療費は医療機関によって異なりますが自己負担です(自由診療)。
  • 医療なので、医師の診察なしに治療や処置、投薬はできません。

健康保険とは、それぞれの患者さんが加入している保険組合(会社、業界団体、市町村など)に毎月保険料を支払い、病気になった人を互助的に助けるシステムです。
集められた医療費は、早く病気を治して社会復帰し、働いて社会に貢献できる身体を取り戻すために使われます。
病気のために利用する事はできますが、健康を保つ予防治療には利用する事ができません。(たとえば、人間ドックや健康診断は保険適応にはなりません。)
健康を保つことは自己責任の範疇です。

「人間ドック」で体のチェックをする方は多くなりました、皮膚科の予防医療は、日本では「美容」という名がついてしまった故に、いかがわしいものとして考える方もいらっしゃいます。

医学界でも、皮膚科の予防医療の名称を「美容皮膚科」から変更する動きは様々にありましたが、一度浸透した名称は、なかなか認識を変える事が難しいようです。
しかし確実に「美容皮膚科」の需要は高まりつつあります。最近では健康と若さを保つ意味から「アンチエイジング皮膚科」と呼ばれる事も多くなってきました。

こう考えてください。
保険適応の範囲内とは、厚生労働省の認可した最低限度の治療であること。
決して現在の医療水準に照らして最高の治療方法ではないこと。
保険治療は基本的に病気で働けない人を会社に通える程度にまで治すもので、最低限の健康を保障する福祉であること。

現在日本が参加しようとしているTPPにおいても、保険医療はその内容を制限され、新しい治療は保険適応とならないであろう事が予想されています。
そうした中で一定水準の健康を保つためには、保険診療の内容に縛られない、より高度な医療を皆さん自身が積極的に求めて行かなければなりません。

大江橋クリニックにおいでになる患者さんの多くは、責任を持ってストレスの多い仕事をされ、病気になっても簡単には休めない環境で頑張っておられます。
そのため健康に対する認識が高く、病気にならないように予防医療を希望する方が増えています。

近年皮膚に対する認識はますます高くなる一方で、医療費削減の名の下に今まで認められていた治療や薬剤の投与さえも認められなくなりつつあります。患者さんの望むままを保険治療でまかなうことは困難なのです。
その部分を補う「美容」医療は、保険治療の延長線上にあります。

ご自身の治療ゴールの高さによっては、保険をはみ出して「美容」治療に踏み出す必要があること、「美容」治療という名の自費治療は、肌の健康を保つための正統的な治療であることをご理解下さい。

お茶でもどうぞ(イメージ写真)

大江橋クリニックでは、美容は病気の治療の延長線上にあり、不健康な状態を放置したまま美容を行う事は効果的ではないと考えています。

従って、通常はまず保険診療の時間に一般的な診察を受けていただき、その患者さんの悩みが健康保険で対応可能な「病気」であれば、まずは健康保険で治療を開始するのがリーズナブルであると思います。

ご本人にとっては「美容的な悩み」であっても、そのシミや黒子が「皮膚疾患」であって保険で治療できる事もあります」。
また、ニキビ痕や肌のくすみが、慢性的な皮膚疾患を治療せず放置しているために改善しない場合も少なくありません。

最近、診療科名標榜規則の変更で、「美容皮膚科」も「美容外科」と同様、正式に看板に書くことが認められました。
「美容」は各診療科の修飾語として認められましたので、今後は「美容内科」を標榜するクリニックも増えて行きそうですし、美容婦人科、更には美容眼科などの登場も近いと思われます。

大江橋クリニックの美容皮膚科の特徴

大江橋クリニックの美容皮膚科では、主に肌を若々しく保つスキンケアの方法などを科学的な検証に基づいて提供して行きます。
大江橋クリニックでは美容医療を、人生をより健康で美しく、若々しく過ごすための予防的、健康増進的医療と考えています。
瞬間的、刹那的な美を追い求めるあまり、その後の長い人生に傷を残す破壊的治療は行なうべきではないというのが私たちの考えです。

imagephoto

大江橋クリニックの美容診療は、皮膚の生理学・解剖学に即して考え抜かれた治療です。
レーザー照射にしても、メディカルエステ治療にしても、従来から他のクリニックにはない方法を積極的に取り入れてきましたが、それは「他にない」から良いのではなく今までの治療に欠けていたものをいかに補うかを検討した姿なのです。

私たちの姿勢が間違っていなかったことを示すように、最近ではスキンケアレッスンやいろいろな種類のレーザーを重ねて照射する治療法など、以前から私たちが行なってきた方法論を名前を変えて取り入れる医療機関が増えてきました。まねをされることは名誉なことですし、きちんと取り入れていただくことが医学の進歩に繋がるのであれば大歓迎です。

※ 中には世界初とか最新とうたっているクリニックもあるようです。おそらくご自身でこうした治療法の効果に気づかれた優秀な医師なのでしょうが、最新とまで言い切るのは少々不勉強な方ではないかなあ。

美容に対するアプローチには様々なものがありますが、
中には迷信や俗説や、根拠のないあやふやなものがたくさん混じっています。
私たちはできるだけ医学的な根拠のある治療、信じるに足る治療を提供し、あやふやなもの、理屈を現代医学の言葉で説明できない方法は排除しようと思っています。

美容治療は(手術などの大きな変化をもたらす治療も含めて)細かい改善の努力の息長い積み重ねで効果を現します。

一度受けたらもう他の治療を何も受けなくてよい、という治療法は残念ながらありません。
どんな機械もメンテナンスを怠れば、いずれは錆び付き故障して動かなくなります。細かな不具合を、気がつくたびに少しずつメンテすることで、寿命を延ばし美しさを保つのは、日々老化する人体でも同じことです。
定期的なメンテナンスが重要なのです。

人の肌は長い年月の間に徐々に弾力と水分を失い黄ばんで硬くなっていく
>2001花王調べ 年齢による黄ぐすみの変化 より引用

美容手術やレーザー治療も例外ではなく、手術後/照射後に、どのように患部をケアし、保護するかで、術後の経過は驚くほどかわってきます。

電話での診療内容のお問い合わせ、メール相談は対応しておりません

同じ病名でも治療の内容は人それぞれです。診察をうけていただいた上でご相談にのります。
患者さんのおっしゃる病名は、聞きかじりや思い込みであることも多いのです。
似たような症状は、熟練した皮膚科医にとって何十種類もあるかもしれません。
(例えば有名な皮膚科学の教科書「皮膚科学大系」は25巻からなり、それぞれが平均300ページ!実際に診察においでになれば、診察室の本棚の1段に収まりきらない様子がご覧になれますよ。)
しかし、患者さんにとっては、「ネットで見たあの写真に似ている」ことだけが手がかりになっていることが多いものです。

また、症状によっては、時間が経つと変化するものもあります。
ですから1ヵ月前に提案した治療法が、いつまでもベストというわけではないのです。
治療を開始するときはもう一度確認のため、診察にお越し下さい。
診察の上で治療方針を決め、必要な方には説明書をお渡しし、治療の予約を取ります。

美容治療をお勧めするとき

多くの方は、皮膚科やアレルギー科で扱う内服薬や塗り薬である程度の改善が得られますし、またそうした治療から始めた方が結果が早く出ます。
しかし、中には最初からレーザーでメラニン色素を飛ばしたり肌を削り取ったりした方がいい症状もあります。(ブツブツしたいぼやはっきりとしたしみなど)
そうした見極めは、ご本人よりも多くの経験と医学知識を持った専門家の方が得意です。美容レーザーで肌を若々しく健康に近づけるための積極的な治療を続けながら、治療の経過の中で正しいスキンケアの方法を身につけて行く方が良いこともあります。

専門性の高い美容治療は胡散臭くはありません。確かにそれなりのコストはかかりますが、必要ないものはお勧めしませんし、医学的根拠の薄弱なものは取り入れておりません。
おっかなびっくり高い治療を押しつけられるのではないかと心配なさらなくて大丈夫です。

有名な美容皮膚科に行ったのに、特に説明もなく美容レーザーのコースやケミカルピーリングを勧められドクターズコスメを宣伝された、という経験をお持ちの方もいるようですが、大江橋クリニックではいきなり高額な治療を進めたり、複数回のコース契約を求めたりはしていません。

最初から治療法を決めつけないで

この薬を出してほしい、このレーザーを使ってほしい、と最初からご自身で治療法を決めて来る方には大江橋クリニックは向いていません。

あなたにはどんな治療が向いているのか、様々な専門知識を総動員して的確に診断する事こそが医師の力量であり、新しいレーザーが発売されたからと言ってすぐにそれに飛びついたり、肌質に拘らず一定回数のコースを勧めたりするのは専門家のする事ではありません。
(もちろん新機種が出ればその情報を手に入れ可能ならば試してみるのは当然の事ですが、安全性と効果が実証されるまでは患者さんをむやみに実験台にしてはならないと思います。)
きれいになることにより、人生が変わったという方はたくさん当院にはいらっしゃいます。そういったお手伝いができたらと思っています。

大江橋クリニックは、〇〇レーザーはやっていますか、という方向きではありません

レーザー治療は美容医療の非常に優れた武器ですが、使い方を誤れば肌に傷をつけてしまいます。機種より照射技術の方が大切だと思っています。同じ治療を全員に機械的にオススメすることはできません。しかし、それが効果的だと思えば積極的に使用していきます。

最適な治療法を相談しましょう

まずご相談しましょう。治療するかしないかの決定はあなたご自身でお願いしています。
情報だけが先走り、この治療をして下さいと患者さんが独り決めして受診される方も多くいらっしゃいますが、あなたの症状に合わない治療はお受けできません。
あなたにとって効果がない、または長期の視点から見て結果的にやめておいた方がよい治療法については、はっきりお伝えするようにしています。
医者の目から見て、考えられるいくつかの治療方法をご提示し、その中から一緒に選ぶというスタイルをできる限り取っております。できる限り早く、楽に、安価に治療を行えればと考えています。

治療をするかしないかはご自身で決めて下さい

最近は医師と患者さんの心の通わせ方が難しくなっているように思います。
医師の伝えたいことと、患者さんの聞きたいことがうまくかみ合わないこともあるかも知れません。そうした時はどうぞ何度でも質問していただき、共通の認識とお互いの信頼感を育てて行きましょう。
私たちも日々努力していますが、患者さんの側も、正しい知識を身につけるとともに、任せるべきところは安心して任せてください。これらのページが患者さんと医師の距離を埋める役に立てばと思います。

美容治療をお勧めするとき

imagephoto

美容にかかる治療費の、特にあなたにとって高額であるものに関しては、その場ですぐどうするかを決断しないほうが後悔せずに済みます。

一旦家に帰っていただき、ゆっくり考えていただいて、それからお越し下さい。
1000円を高いと感じられる方もありますし、数万円が平気な方もいらっしゃいます。美容に対するお金のかけ方は、人それぞれです。
迷ったときには、「一旦、家に帰って考えます。」とおっしゃってください。お渡しした資料をお持ち帰りになっても結構です。
美容の相談にクリニックにお越しになるには、かなりの勇気と、高いテンションを持たねばならないことが多いことでしょう。
その高いテンションのまま、気がついたらどんな効果があるのかはっきり理解しないまま高額な治療をその日にしてしまっていたということになることを避けるためです。

これは、当クリニックに通院中の方にも、新しい美容治療をする場合には同じことをお願いしております。

美容医療の本質とはいったい何でしょう?

大江橋クリニックの美容皮膚科は、社会生活を快適に行なうために、皮膚を長く健康に保つために訪れる場所です。

大江橋クリニックでは、ひとがより美しく、若々しく、生き生きと健やかに過ごすための方法を医学的に提供することこそ美容皮膚科の本質だと考えています。
言い換えれば、老化を防ぎ(アンチエイジング)健康を保って、より積極的に社会の中で活動するための、予防医学的アプローチこそが美容医療の本質だといってもよいでしょう。

皮膚は人体最大の臓器であり、社会的な衣装です。
多くの人にとって皮膚を健康に保つことは社会生活を健全に行なう上で必須です。
入浴し髪を梳かし体毛を剃り化粧をするのは、対人関係を円滑に行なう上で大切な手段です。

あなたの肌のお悩みはなんでしょう?
しみ、くすみ、小じわ、たるみ、ハリ、目の周りのクマ、頬の赤み、ほうれい線、小さなブツブツ‥と、みんな様々な悩みを抱えています。
美容皮膚科では、まずそれを一つ一つ医学の言葉に翻訳し、診断をつけていきます。
それが単なる「トシのせい=加齢」の仕業ではなく、なんらかの皮膚トラブルの結果であるなら、それにふさわしい治療法が健康保険に定められた範囲で可能かどうかを検証します。

まず基本的な皮膚科の保険診療で病的に衰えた肌の健康を取り戻すことから初め、その後にそれぞれの肌にふさわしい肌質のレベルアップを考えていきます。

大江橋クリニックの美容皮膚科で行なう「メディカルエステ」「レーザー治療」は、一般のエステティックサロンで行なわれているような、快適さ、リラクゼーションを追求する施術とは一線を画します。美容皮膚科治療は、あくまで医療であり、医学的な治療なのです。

保険診療の範囲を超えた自費診療という以外、美容医療と保険診療の明瞭な区切りはありませんが、大江橋クリニックでは便宜上、肌そのものを保つスキンケアやレーザー治療、ケミカルピーリング・イオン導入・内服・外用剤やご自身でおこなっていただく表情筋トレーニング、気付きを促すカウンセリングなどを美容皮膚科的治療と捉えています。関連ページで詳しく説明して行きたいと思います。

大江橋クリニックのサイトでは、主に手術・フィラー(ヒアルロン酸注入)治療など、主に顔や体に手を加え「形態を変える」治療は美容外科のページで扱い、肌そのものを若々しく保つスキンケアやレーザー治療、メディカルエステ・内服、外用剤、ご自身でおこなっていただく表情筋トレーニング、気付きを促すカウンセリングなどによる「肌質の改善」を中心とした治療を美容皮膚科のページで扱うことにします。

保険診療の範囲を超えた自費診療という以外、美容医療の範囲の明瞭な区切りはありません。

これは便宜上の区分であり、担当医師の違いや法律上の区分ではありません。実際には広い美容医療の分野を院長と副院長が分け持ち、それぞれの患者さんについて情報を共有し、緊密な連携をとって一人一人に最適な治療を提供すべく治療にあたっています。

皮膚科専門医による予約制美容診察1時間
洗顔の仕方、保湿の仕方を手の動かし方まで指導する実習
続けるほどに効果を実感する「大江橋マジック」って?
イオン導入とセットの美容レーザーコース
必ず医師が直接行う安全なレーザー脱毛
原理を理解することで無理、ムラ、無駄を防げます
保険診療と美容診療を一人の医師が総合的に
保険でもらえる内服薬と塗り薬をうまく活用しよう

美容皮膚科の目指すもの

患者さん自身も、何かの分野の専門家である方が多いと思います。
ご自身の専門分野であれば、いかに「素人」があやふやな知識しか持っていないか、よく御存じの筈です。
医師は人体の仕組みや病気の成り立ちを、専門医になるまで10年以上かけて日夜学びます。私たちは患者さんがいかに不正確な情報に振り回されているか、痛々しく感じてもいます。自分の体のことだからといっても、あやふやなイメージ以外何も知らないといっていいほどです。

患者さんの希望であっても、医師の考える治療法と相容れないものはお断りすることもあります。ゴールを目指すのに不要なものは排除します。ドクターズコスメ,、不要なサプリ等はお勧めしていません。それがなぜかは診察を受けていただければわかります。
安心して治療を受けていただきたいと思っております。

  • 一度の治療できれいになる方法
  • これ一つできれいになれる化粧品
  • 努力不要のおまかせ美顔術

そんなものはない、というのが私たちの結論です。理論を学び、ご自身で実践してください。毎日の朝晩の積み重ねが、あなたの美しさを引き立て、保っていくのです。
美容皮膚科のページでは、美容皮膚科とはどういうものかを解説しています。「美容皮膚科」を受診することに抵抗感をお持ちの方は、ぜひお読み下さい。

以後通院不要とは治療の中断/放棄と同じことです

○回で治療が終了します、たった○回で完治します、など数回の施術後、照射後、治療後は通院不要、とうたうクリニックがあります。それは、お金はとるが治療後の責任は取らないといっているのと同じだと、私たちは考えます。

美容治療とは加齢という一生続く長いプロセスに対抗する手段をその時々に適切に提供するものであり、メンテナンスの繰り返しであると思います。これで終わり、もう何もしなくてよい、という美容はあり得ません。そうであれば、無理なく息長く続けられる治療が必要です。

治療による変化には、不可逆的なもの(一度行うと元に戻すことはできないもの)と可逆的なもの(続けないといずれは治療を行う前の状態に戻るもの)とがあります。
厳密に分けることは難しいのですが、例えば手術による方法などはどちらかといえば前者であり、ヒアルロン酸注入やスキンケアなどは後者に属します。

「元に戻らない」と「変化しない」とは違う

しかし、たとえ不可逆的な治療とされるものであっても、一度受ければ終生その効果を保つ、という保証はできません。人体は絶えず新陳代謝を繰り返し、加齢(エイジング)という変化を続けているからです。

効果がない、言い換えれば治療前後で変化が見られないものは、治療とは呼べません。治療とは、その人の体に何らかの変化をもたらす方法だからです。大江橋クリニックは、気持ち良いだけではない、効果のある治療を提供します。

気づかない変化もある

ただし、変化の中には、すぐには気づきにくい変化もあります。(例えば検査データの数値の改善や肌質の微妙な変化など)何が変化してどう改善したのかを見極めるのも医療の専門家の大切な仕事です。
「なんとなくきれいになった」・・・という患者さんの「気づき」を医療の言葉に翻訳し、次はどこを改善すればより効果的かを判断するのが医者の役目です。

何回で終了しますか?

imagephoto

お答えできない質問です。きれいの終点とはそもそもどこでしょう?
ご自身の満足度?他人、お友達、ママ、姉妹、カレの評価?それともライバルとの密かな戦い?でしょうか?

きれいになるとは、むしろきれいになっていくと日々感じる、といった方がよいのでしょうか?

その人の目指す所によって、きれいの到達点はかなり変動するものではないでしょうか?
この疾患のこの部位がこの程度になるまでという具体的な指標は美容にはないように思います。
ほとんどの方が「もっともっと、ここはよくなったから今度はあっちを、次はこっちを」とおっしゃいます。あなたのきれいの指標はあなた自身でお持ち下さい。

美容治療をやめたらガクッと老化しますか?

美容とは予防です。
治療には「治った」という終点がありますが、予防には終わりがありません。
アンチエイジングとは老化の予防です。加齢という終わりのない攻撃に対抗するには、予防し続けるしか方法がありません。

私たちは、最新の治療であっても効果や基礎理論のはっきりしないものには手を出さず、古い治療法であってもきちんと効果の上がる方法は取り入れ、常に患者さんにとってベストな選択をするために検討を重ねています。

美容医療はともすれば「最新」を売り物にしがちですが、最新=患者さんにとっては実験台になること、という側面をお忘れにならないでください。

より簡便で効果があるという謳い文句は魅力的ですが、予期せぬ副作用や障害は、数ヶ月から長い時は数年経ってから現れてきます。
最新を謳い文句にしたレーザー機器が毎年沢山発売されますが、使い続けられる事なく2〜3年で廃棄される機種も少なくありません。副作用や後遺症による訴訟も、悲しい事に頻発しているようです。