〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5
大阪JAビル 1階

googleお問い合わせは診療時間中にお願いいたします

大阪市北区医師会tel06-6365-3500

11
* 1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 * * * *
12
* * * 1 2 3 4
  5 6 7 8 9 10 11
  12 13 14 15 16 17 18
  19 20 21 22 23 24 25
  26 27 28 29 30 31 *

大江橋クリニックのお勧めする コストパフォーマンスのよい美肌レーザー

レーザー・リミックス 〜 Laser Remix 〜

付録:美肌レーザー治療の簡単な説明

Cynergy

シナジーによるレーザーリミックス

通常、米サイノシュア社のシナジー(ダイレーザーとNd:YAGレーザーの両方を同時に、または別個に照射できる機器)を用いて治療を行います。お肌の状態や希望によって、他のレーザー機器を組み合わせる場合もあります。

ダイ(色素)レーザーはメラニンやヘモグロビン(血色素)に反応する可視光線のレーザーです。
通常は血管の中を流れる血液をターゲットにしますが、適切なパラメータを設定することでメラニン色素に反応させ、シミやくすみなどを治療対象とすることもできます。
またNd:YAGレーザーはより長い波長を持つ赤外線レーザーで、メラニンに対する反応はやや弱いものの、水やコラーゲンにも吸収され、ダイレーザーよりも深いところにあるターゲットを治療対象とすることができます。

大江橋クリニックでは、途中で波長やパルス幅、スポットサイズを何度も切り替えながら、お肌デトックスコースで約1600ショット、レーザーリミックス治療やOebashi Magicではそれを遥かに超えたショット数を用います。
主に使用するハンドピースのレーザー光の直径が7〜12mmであることを考えると、照射面積はフルフェイスの面積の数倍に及ぶことをご理解いただけるでしょう。
波長、パルス幅、エネルギー密度の異なるレーザー光でフルフェイスを何回も照射することによって、
複合的な効果を期待することができるのです。

お肌デトックスのレーザー・リミックス照射の基本は、2種の波長のレーザーを交互に切り替えて治療します

例えば10代〜20代の若い方々にご満足いただくために開発されたメニューである→ デトックスコースに取り入れている
リミックス照射は、このコースを選ばれる方の多くがニキビの赤い毛穴を気にされていることから、 赤みと詰まった毛穴をターゲットに構成されています。

タルミが気になる、もう少し上の年代の方には、毛細血管やメラニン色素をターゲットとしながらも、
毛穴の引き締めも視野に入れてレーザーを構成しています。ここでは前者の方法を簡単に説明してみます。

ニキビ肌のトラブルなどに悩む、若い方向けのリミックスの一例(3種類で構成した場合)

1) Pulsed Dye Laser :
Low Fluence, Short Pulse,
Largest Diameter,
High Frequency

まず最初に、ニキビ毛穴を効果的に治療する、パルス幅の比較的短いダイレーザーを、顎の下から額まで万遍なく照射します。このレーザーのターゲットは、

  • ニキビの詰まった毛穴の中に増殖しているニキビ菌(アクネ桿菌)の加熱殺菌
  • 毛穴周辺の炎症性の拡張した毛細血管の破壊
  • 毛穴に充満している酸化した皮脂を加熱して流動性を高める
  • ニキビ毛穴に詰まっている多量のうぶ毛を燃やして皮脂の排出を促す

などです。
通常痛みはほとんどありませんが、肌の状態や冷却の強さなどによっては紫斑という赤紫色の丸いスポットが生じることがあります。
紫斑の出来やすい場所は顎の下や首などです。いったんできると数日残りますが、いずれ跡形なく消えます。

2) Nd:YAG Laser :
High Fluence, Shortest
~ Ultra Long Pulse,
Highest Frequency

次に、メラニン色素の多い毛穴と同時に、コラーゲンにも吸収されるロングパルスYAGレーザーを、同じく顎の下から額まで1秒間に5〜12ショットの速さでシャワーのように万遍なく照射します。このレーザーのターゲットは、

  • 毛穴周辺の炎症性の拡張した毛細血管の効果的な破壊(PDLに続く二次照射として)
  • 毛穴に充満している酸化した皮脂と黒いうぶ毛を加熱蒸散
  • 顔全体、特にフェイスラインに多く生えている細いうぶ毛を分解
  • 紫外線を浴びて劣化したコラーゲンに穏やかな構造変化を与え、引き締めを計る
  • メラニン顆粒の加熱による穏やかなレーザートーニング

などです。
通常痛みはありませんが、男性や産毛の濃い方などは時に鋭いチクっとした痛みを感じることがあります。

3) Pulsed Dye Laser :
High Fluence, Long Pulse,
Low Frequency

最後に、顔全体の赤みを減らし、脱毛効果もある、パルス幅の比較的長いダイレーザーを、顎の下から額までゆっくりと隙間なく照射します。このレーザーのターゲットは、

  • 顔全体、特に口周囲や顎、額に多く生えている比較的太いうぶ毛を脱毛
  • 鼻の周囲や頬の筋状の比較的太い毛細血管拡張を治療
  • 前2種のレーザーで刺激性に出た赤みの即効的沈静化

などです。
3種類の中では最も刺激感が強いのですが、痛いというほどではありません。

現在のところ、この3つの照射方法は、この順序で行なうと最もトラブルが少なく効果的と考えていますが、症状によっては別の順序で行なうこともあります(その場合、少々痛みが強くなることがあります)。

レーザーリミックスは、ほかのクリニックの美容治療とはひと味違う、満足感の高いコースといってよいでしょう。当クリニックのオリジナル美容治療「お肌デトックス」をお受けいただいている方にとっては、おなじみだけれどちょっと違うコースです。

レーザーリミックス は税別35,000円です

レーザー照射のショット数は1000をはるかに超えますが、ただ漫然とフルフェイスに重ねて当てるだけでなく、お肌の状態やこうなりたいというご希望にあわせて、医師がその場で光を「調合」して照射します。
複数の波長、複数のパルス幅とエネルギー密度の組み合わせ、そしてお肌の状態にあわせた治療の順序の変更。
これが医師の技術です。

 マニュアルに従ってすべての人に同じ治療を行うのではなく、その人そのひとにあわせたオーダーメイドの治療。
それこそが「医師が行う美容治療」の神髄だという思いで、私たちは日夜診療を行っています。

 レーザーリミックス がどんなものか実感してみたい方は、まず一度美容診察をお受けください。
美容診察のご予約は、まず一般診療のなかで医師とご相談いただくことで可能となります。

ある患者さんは、「この年になると、何事も衰えて行く事ばかりで気が滅入るのに、肌の張りやつやは逆にどんどん若返って行くようで、この治療を続けてよかった。」とおっしゃってくださいました。

また別の患者さんは、治療開始後半年くらいたってから初診時に撮った写真をご覧になり、「私は半年前、こんなぶつぶつの顔で街を歩いていたんですね。」とおっしゃいました。