● 休診  ● 午後のみ  ● 午前予約のみ

〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5 大阪JAビル 1階
お問い合わせは診療時間中にお願いいたします
tel06-6365-3500

* * * * * * 1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  24 25 26 27 28 29
* 1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 31 * * *

左の症例の別の部位(照射直後)を下に掲示しています。  少しだけ薄くするとヒゲが剃りやすくなります

男性ヒゲのレーザー脱毛

  → 一般的なレーザー脱毛の解説ページもご覧下さい  → 治療費はこちら

必ず熟練した医師が照射しています

レーザーは出力を設定すれば毎回同じ強さの光がでるのだから、誰がやっても同じという人がいます。これは非常に危険な考え方です。
照射時のちょっとした条件の違い(ハンドピースのわずかな傾きや押し付け方、冷却温度やスポットの重なり方など)で肌への影響は大きく異なります。

レーザー照射は直後に結果が見えません。時間が経って徐々に肌への影響が明らかになってきます。未熟練者は、照射直後に何も起こらないため不安になってエネルギーを上げたり重ねて照射したりしがちです。
やけどなどのトラブルはハンドピースの扱いかたでも起こることがあります。大切な顔の治療を素人の施術者に任せることがないようにしましょう。

日焼けしていても脱毛は可能です

皮膚に吸収されるエネルギーを押さえながら、毛根にエネルギーを集中させるには、メラニンに対する吸収性は大きくないが、深達力がある波長を選び、長めのパルス幅で照射する必要があります。

アレキサンドライトレーザーなど波長のやや短いレーザーはメラニンに対する吸収性が高くやけどを起こしやすいので、肌の色が濃い男性には向いていません。

ロングパルスYAGレーザーを主に使います

大江橋クリニックでは、レーザー脱毛用の機器として主に波長1064nmのロングパルスNd:YAGレーザーを使用しております。

肌質に合わせて冷却法や照射条件を細かく変えるため、夏の日焼けした肌や色調の濃い男性の肌にも対応可能です。

YAGレーザーは痛みが強いと言われることがありますが、これは光が深くまで到達する事とヘモグロビンへの吸収性が比較的高い事に関係します。すなわち効果が高い事とのトレードオフの関係にあると言えます。

YAG Laser3 YAG Laser1

男性のヒゲ脱毛はなぜ難しいか

出力を上げたいが上げられないジレンマ

女性に比較して肌の色が濃く、日焼けしていることが多い

近代の社会的、文化的規範として、男性は女性より肌の色が濃い方が望ましいとされています。このため積極的に肌を白く保つ動機に乏しく、ほとんどの方は女性に比べてかなり日焼けしています。

レーザー脱毛はメラニン色素に吸収された光エネルギーが熱に変わることを利用しているため、照射エネルギーの一部が皮膚表面(表皮のメラニン色素)の加熱に使われ、強く照射すればやけどを起こします。

女性に比較して毛が太く、密集しており、毛根の位置も深い

毛根に吸収されたエネルギーが周囲に拡散することを利用しているため、単位面積あたりの毛根の数が多いと、全照射エネルギーは毛根1本1本にシェアされてしまい、1本あたりの照射エネルギーが減ります。
このため、単位面積あたりの照射エネルギーを上げたいのですが、そうすると皮膚に吸収されるエネルギーも増え、やけどの危険性が高まります。

多数の毛根が一度に発熱するため、痛みが強い

密集しているヒゲは1平方センチあたり80本から、上口唇では100本以上となることもあり、これらすべてに脱毛に必要なエネルギーを与えると、周辺の組織も高温になり強い痛みを感じやすくなります。

上口唇は形状が複雑で適切に冷却しにくい

毛根を加熱すると同時に皮膚を冷却する必要がありますが、IPLやダイオードなどのハンドピースが直接発光するタイプの脱毛器ではジェルなどを塗ってハンドピースと肌を密着させなければならず、複雑な形状をした口回りは難しい部位になるようです。

脱毛の治療費を考える

安さを求めるとき犠牲になるもの

医療行為もコストパフォーマンスが適切でないと、医師にとっても患者さんにとっても継続して行なうことができなくなります。
レーザー脱毛は近年、熾烈なダンピング合戦によって治療費が劇的に下がりました。その結果、多くの施設ではコストに見合った収入が得られなくなり、経営上の思惑(客寄せの宣伝など)がない限り利益の見込めない施術となりました。

利益を出すために無資格者を使い人件費を切り下げるなどの行為を行なえば、医師法違反となり、結局営業停止処分などを受けて廃業した施設も少なくはありません。
最近では大手の全国チェーン美容外科が突然脱毛治療の受付を終了し話題になっています。理由は明らかにされていませんが、医師法違反での立件を回避するためか、不採算部門の切り捨てであろうと考えられています。

人件費を下げれば費用は下げられる、でもそれでいい?

レーザー照射は、誰がやっても同じ、とはならない技術的修練の必要な医療行為です。単にハンドピースを扱う手先の技術のみならず、対象となる皮膚を観察してその変化をとらえる眼と、皮膚の中で何が起こっているかを瞬時に判断する知識と判断力が求められます。

それを担保するのが資格を持った技術者です。現在のところレーザー照射専門の資格にはレーザー医学会の専門医制度などがありますが、技術的な精度を保障するものではなく、人体を扱う医療行為として「医業」すなわち医師免許を有し人体組織の仕組みを総合的に判断できると考えられる医師すべてにその行為を委ねているわけです。

無資格者が知識の裏付けなしに照射を行なえば、治療効果は下がり危険性は上がります。それを承知の上で、「たかが脱毛」と考えるか、自分の体に無資格者が危害を加える可能性をリスクととらえるかで、脱毛のコスト意識は大きく変わると思います。

男性ヒゲレーザー脱毛料金表(税抜)

  • それぞれ1回あたりの治療費です。別に自費再診料(2,000円 税抜)がかかります。
  • 何カ所かまとめて治療される場合、また他の治療と組み合わせる場合、割引となる場合があります。

上口唇 10,000円       上口唇のみの場合、毎回この金額となります

下口唇・顎 20,000円     上口唇とあわせて行なう場合は、2回目から減額します

頬 20,000円         上記範囲いずれかと合わせて行なう場合は、2回目から減額します

口唇〜顎・頬全体 35,000円  範囲の減少にあわせて2回目から5,000〜10,000円程度減額します

顔全体 50,000円       2回目より範囲が減るのにあわせて徐々に減額します

  • ここに掲載していない部位(耳、眉など)の治療費は診察の際にお問い合わせ下さい。
  • 実際に診察させていただいた上で、範囲を決定し治療費を決めさせていただいております。
  • 部位の範囲はご相談に応じます。また部分的に照射する場合は面積計算します。

毛の量や範囲によっては費用は相談に応じます

このページやパンフレット等に載せている治療費はあくまで「めやす」です。上限、といってもいいかもしれません。
医療には不確定性がつきものであり、明瞭会計はなじみません。面積や部位よりも肌の状態や痛みの程度、それに応じて変わる照射技術、施術時間などにコストは影響を受けます。
医師にとってストレスなく安全に短時間で施術できるならば、費用はご相談によりこれより低くてもいいと思っています。もちろん、相談なく事前のお約束より値上げしたりはしません。

男性ヒゲのレーザー脱毛の特徴と限界

つるつるはむしろ不自然

多くの民族で顔にヒゲがあるかどうかは男性と女性を見分ける際のポイントになっています。性別を変更したい場合を除き、あまり徹底的に脱毛すると中性的、性別不明的な容貌となり、社会生活上不都合が生じることがあります。

毛穴をなくす事はできません

毛穴からは皮脂が分泌されており、これは皮膚の保湿には欠かすことができない物質です。毛穴の構造まで破壊すると皮膚が非常に乾燥してかゆくなるなどの支障が出ます。
毛は必ずしも生命活動に必須ではないので、脱毛しても特別に不都合という事はありませんが、毛穴は大切です。

つまり、毛穴はちゃんと存在するが、そこから生えてくる毛は色の少ない見えにくい毛に変わっている、というのがベストなのです。

一旦産毛になった毛も時間が経つと太くなることがあります

年齢やホルモンの影響で、産毛が突然黒い毛に変わる現象は、特に顔ではよく見られます。
従って、一生完全に1本も黒い毛が生えないという状態を作り出す事はほぼ不可能です。

白髪はレーザーでは抜けません

白髪や成長期を過ぎて脱落に向かっている毛の毛根は白く、レーザーで加熱されて幹細胞を障害するにはメラニン色素が不足しています。
白髪になってしまった毛は、レーザーでは抜く事はできず、ラジオ波などの高周波を用いた機械か電気針などによる脱毛が必要となります。(大江橋クリニックでは今のところ、これらの脱毛は行なっておりません。)

予約の取り方と準備

まず診察を受けてください

レーザー脱毛に限らず、すべてのレーザー治療は、まず患部を見せていただき診断するところから始まります。
場合により、レーザー照射の前に他の治療を受けるべきであると診断することもあります。

レーザー脱毛の仕組みと効果について詳しく説明します

このページにも詳しく解説していますが、永久脱毛や全身脱毛などの困難な理由、年齢や性別などによる影響、一般にネットで出回っている情報の間違いなどを患者さんに正しく理解していただく必要があります。

同意書に予約日時と料金を記入して、署名していただきます

予約時間を増やしてだいぶ自由に時間を選んでいただけるようになったのですが、広範囲の場合には通常の診療時間中ではなく、別途時間を調整させていただきます。

料金は一応このページに載せているものが基準ですが、毛の量、かかる時間などによって割引できる場合があります。皮膚の状態によっては、同じ部位に数種類のレーザーを照射する(レーザーリミックス)場合もありますが、特に取り決めを行なった場合を除き、料金が高くなる事はありません。

できれば直前に、照射部位を剃ってきてください

レーザーを照射すると毛が加熱されて燃えます。このため、皮膚の表面から長く伸びた毛は皮膚のやけどの原因となり危険です。また、長さによっては本来毛根に作用するべきエネルギーを消費してしまい、脱毛の効率が落ちることもあります。

照射部位の皮膚の状態が悪い時はご相談ください

アトピーやアレルギーなどがあっても通常問題なく照射できます。皮膚炎などはかえってよくなる場合があります。ただし、条件によっては赤みが長引く、ニキビのような膿疱ができるなど問題を生じることもあるので、まず診察を受けてご相談ください。

日焼けは程度にもよりますが、通常レーザー脱毛の妨げにはなりません。ただし、エネルギーの強さやパルス幅を白く透明な肌より厳密にコントロールしなければなりません。

脱毛直後の経過(上段の写真は拡大できます)

左から 照射前、照射直後、照射30分後、照射1時間後です。
顎下などの皮膚の柔らかい部分は直後から赤みが強く出ますが、やや皮膚の厚い口角の下の部分などは、照射直後よりもむしろ30分ぐらい経過してから赤みが強まり、
1時間経ってようやく引いてきているのがわかります。
テスト照射直後に反応が弱いからと出力を上げるのは大変危険です。

         照射前              照射直後             照射30分後            照射60分後

         口角のほぼ同一部分の拡大写真

トラブル QandA

こんな症状がでました

毛穴の周囲が赤く盛り上がってかゆい
レーザーに反応して熱変成した毛穴の周囲は、数十分から数時間、赤く盛り上がります。通常はそのまま引いてしまう事が多いのですが、まれに数日にわたって赤みが引かずかゆみが出る方があります。消炎剤の内服や外用で治まります。
照射したところ全体が赤くなっている
照射エネルギーが強かった場合、一時的に全体が赤くなったり、一部スポット状に赤みが残ることがあります。冷たいおしぼりなどで冷却すると早く赤みが引きます。痛みを伴う場合、軽い火傷状態になっていることもあるのでクリニックにお知らせ下さい。
照射部に急にたくさんニキビができた
男性のあごの下など、皮膚が柔らかく毛が太い部位では、刺激により毛のう炎を起こす場合があります。抗生物質の内服で治まるものがほとんどです。クリニックにご相談下さい。
毛が伸びてきて引っ張っても抜けない
レーザーに反応して焼けた毛も、まだ深部では皮膚につながっていてすぐには抜けません。1〜2週間から長いと1ヶ月ぐらいかかって結合が緩み、するすると抵抗なく抜け始めます。お待ち下さい。
全部抜けたと思っていたら一斉に生えてきた
個人差はありますが1ヶ月から1ヶ月半ぐらいたつと、休止期にあった毛包幹細胞は分裂を始め、次の毛が生えてきます。周期がそろうので増えたように感じることもあります。一般的にやや細くなり、伸び方もゆっくりになる事が多く、ある程度生えそろってから次回の照射をすると効率的に毛を減らせます、

<編集中>