〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5
大阪JAビル 1階

googleお問い合わせは診療時間中にお願いいたします

大阪市北区医師会tel06-6365-3500

● 休診  ● 午後のみ  ● 午前予約のみ
9
* * * * * * 1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  24 25 26 27 28 29
10
* 1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 31 * * *

美容皮膚科治療解説

フィラー・ボトックス

ヒアルロン酸注射

浅いシワ、目の周りなどの皮膚の薄い場所には、濃度の薄いものが向いています。
やや皮膚の硬い部分や、ある程度ボリュームが必要なへこみの盛り上げには、
濃度が高くやや固めのものが向いています。
当院ではシワの直下に注射して皮膚を硬くするよりは3次元的な立体感の復元を優先する方が効果的と考えています。

注射器1本あたり 80,000円(税抜)

注入手技料 10,000円(税抜)

(追加注入の場合、ご相談の上決定しています)

主に以下のような場所に注入します

  • 額の横皺、眉間の縦じわ
  • 鼻根部、眉間の盛り上げ
  • 下眼瞼のいわゆる涙袋
  • 豊麗線と鼻翼基部
  • 口角とマリオネットライン
  • 唇にハリを出す
  • 傷痕を平らにする

コラーゲン注射

※ コラーゲン注射に関しては、ヒトコラーゲン製剤の製造中止に伴い、一時的に取り扱いを終了いたしました。

  現在は製造再開されているようですが、再開については検討中です。ご了承ください。

ボトックス注射

眼瞼痙攣と顔面半側痙攣に関しては当院で健康保険を適用した治療が可能です
(当院医師は二人とも保険治療の資格を有しています)。
現在当院では行っておりません。専門施設をご紹介します。
シワの軽減に対しては、自費での診療となりますが、お勧めはしておりません。
多汗症の治療等に用いる場合は、現在のところ効果と安全性の観点から、積極的には行なっておりません。 わきがに関しては理論上効果が少ないと考え、治療を行っておりません。
→ 形成外科手術
ボトックス治療に関しては、予約が必要です。

治療1回あたり 70,000円〜140,000円程度(税抜)

(追加注入の場合、ご相談の上決定しています)

美容点滴・サプリ

ビタミンサプリ

美白・美容を目的としたビタミン剤投与は健康保険の適応とはなりませんが、
医師の適切な処方により、様々な医薬品の組み合わせで目覚ましい肌の改善を図ることができます。
メラニンの減少を助ける、コラーゲンの産生を増やす、活性酸素による皮膚の老化を防止する、 疲労回復を早める、肝機能を改善させ全身の調子を整えるなど、様々な医薬品をご用意しております。

ハイビタミンセット 1ヶ月分 8,000円

詳しくは診察の際におたずね下さい
その他 各種美容、疲労回復のためのビタミン内服
1剤あたり1,400円 〜 5,000円程度

美容点滴

美容に効果のある成分やミネラル、ビタミン等を直接血管内に投与します。疲労回復にも効果があります。
点滴の内容はその人の体調等も考慮して医師がその日に決定し、処方します。
女性だけでなく、男性にもお勧めしています。ご相談ください。

点滴1回あたり 3,000円〜10,000円

(使用する薬剤と組み合わせにより治療費が異なります。
 詳しくは診察の際におたずね下さい)

美容点滴(1)200ml  3,000円   時間のない方のためのミニマル点滴

美容点滴(2)500ml  5,000円   通常は様々なサプリを組み合わせた
                  この点滴をお勧めします

美容点滴(3)600ml 10,000円   美容と疲労回復を兼ね備えたフルセット

にんにく注射(ビタミンB1)

ビタミンB1には疲労回復効果だけでなく美白効果など様々な効能があることが知られてきています。
ただし、初回の注射に先立って医師の診察を受けていただき、
疲労感等が重大な病気の症状でないかなどに重点を置いた簡単な問診・聴診を行いますので、 初診時は少々お時間がかかります。

にんにく注射ワンショット 1,000円 

初回のみ、診察料(問診、聴診)を含め 3,000円

AGA(男性の薄毛治療)

髪が薄くなる(毛が抜ける)状態には様々な原因があります。
AGAの治療は、まず正確な診断をつけるところから始まります。
円形脱毛症や皮膚炎に伴う脱毛などは、健康保険で治療できます。
→ 皮膚科

AGA

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、 どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
AGA(エージーエー)は皮膚内で毛髪を作り出す「毛包(もうほう)」が十分に成長しないため、 髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまい、ゆっくりと抜け毛・薄毛が進行していきます。 ただし、うぶ毛は残っています。
毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。

プロペシア(フィナステリド)による治療

細く薄くなった毛を、元の太く長い毛に回復させる治療は民間療法を始め多数ありますが、 はっきりと効果が認められた方法に限ると、現在のところリアップ(ミノキシジル)とプロペシアのみです。

他にも有望な薬剤が開発されていますが、現状では一般にお勧めできる状況ではありません。

現在、男性の薄毛治療の切り札ともいえる「プロペシア」は医療機関のみで処方できますが、 健康保険の対象ではなく自費診療となります。当院では皮膚科専門医が頭皮の診察を行い、 他の原因があればそちらを優先して治療します。プロペシアの処方に際しては、 副作用や効果について院長が詳細にご説明しています。

受診ごとに頭皮の状態を診察し、記録を取り、回復を阻害する要因がないかご相談しています。

また、ご希望があれば内服治療に加えて他の治療を組み合わせることもできます。

初診料 5,000円 再診料 2,000円

プロペシア 28日分〜90日分 10,000円〜30,000円

(プロペシアには0.2mg錠と1mg錠があります。
 違いについては診察時に詳しくご説明いたします)