● 休診  ● 午後のみ  ● 午前予約のみ

〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5 大阪JAビル 1階
お問い合わせは診療時間中にお願いいたします
tel06-6365-3500

* * * * * 1 2
  3 4 5 6 7 8 9
  10 11 12 13 14 15 16
  17 18 19 20 21 22 23
  24 25 26 27 28 29 30
10
1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30 31 * * * *

経歴について

研修医時代

京大形成外科・皮膚科

私が京都大学形成外科に入局した平成元年は、まだ関西のほとんどの大学に独立した形成外科教室がなかったこともあり、同期入局の研修医が10名とその前後の年と比べても非常に多い年でした。
研修病院も少なかったため、入局したての研修医はまず麻酔科、整形外科、耳鼻科、脳外科など別の科に短期間研修に行って、幅広い知識を身につけることが奨励されていました。
私は9月から12月までの4ヶ月間を、同じフロアにある京都大学皮膚科学教室で研修することになりました。1年間のうち4ヶ月だけ籍を置いた皮膚科ですが、結局それが今の私を作るきっかけになりました。(直接ご指導いただいた現皮膚科教授の宮地先生は、当時まだ群馬大学教授に就任される前で病棟医長でした。)
もちろん、音声外科の世界的権威一色教授(当時)を始め、現京大教授の鈴木先生、現関西医大教授の楠本先生、手の外科で世界に知られる石川先生、平本先生、澤田先生など関西の形成外科で知らぬもののいない錚錚たるメンバーの先生方の手術につかせていただいたことは、得難い経験となっています。

大学にいた1年間では、全身熱傷の人工皮膚移植、下肢の難治性潰瘍のキメラ血管移植、唇顎口蓋裂の初回手術と修正手術(Abbeフラップなど)、小耳症の肋軟骨移植、眼瞼下垂(先天性、老人性)、頭部瘢痕のエクスパンダーによる再建、耳介変形の再建、漏斗胸の胸骨翻転法、多合指症、変形治癒鼻骨骨折、シリコンブロック埋め込みによる音声の改善手術、(以下は皮膚科)皮膚悪性腫瘍の化学療法、全身性紅皮症、尋常性白班の表皮移植、アトピーのストレスによる急性増悪などの症例が記憶に残っています。

兵庫県立尼崎病院形成外科・皮膚科

その翌年は兵庫県立尼崎病院形成外科で、橘(現 寺島)先生の指導を仰ぎながら週3日間形成外科を、そして残りの半分は皮膚科部長の尾崎先生のもとで皮膚科をと、文字通り半々に研修しました。隣り合った診察室で、同じ患者さんを皮膚科の外来では皮膚科医として、形成外科の外来では形成外科医として治療したこともありました。
同じ疾患でも、皮膚科医としてはきちんとした診断をつけ、できる限り薬で治そうとしますし、形成外科医としては、ものが何であれとにかく悪い部分を切り取って、その痕をきれいに再建しようとします。その考え方の違いはとてもおもしろい経験でした。

尼崎病院では、60例に及ぶ眼瞼下垂手術の他、新生児の超早期唇裂手術、直径30センチに及ぶ臀部巨大悪性腫瘍の切除と再建、溶鉱炉の溶けた鉄を浴びた重症の熱傷、重瞼埋没法などの美容手術の基礎、CO2レーザーでのほくろの蒸散、プロテーゼを用いた乳癌後の乳房再建、褥瘡のレーザー治療、皮膚科では当初特殊な薬疹と診断したハンセン病の再発例、強烈な痒みに苦しむ全身性搔痒症などが記憶にあります。
中でも毎週のように繰り返し経験した眼瞼下垂手術は、結果的に自分のライフワークになりました。

冨士森形成外科時代

2年間の研修医を終えた私は、教授の指示で冨士森形成外科に2年間勤務することとなりました。冨士森先生はご存じの方も多いでしょう、京都大学皮膚科に籍を置きながらただ一人で形成外科を立ち上げ、関西に形成外科を根付かせ育て上げたばかりでなく、瘢痕・ケロイドの治療、やけどの植皮、義眼の方のまぶたの再建などでは並ぶもののない名医です。そこで働けたことは本当に幸せでした。現在の私の傷痕治療の基本的な考え方は、すべて冨士森先生のお教えによるものです。

毎週手術日の夜、朝から十数例に及ぶ嵐のような手術を終えて、みんなでビールを飲みながら症例検討会を行ない、患者さんの写真に各人が思いつくまま切開線を書き入れると、なぜそれではきれいにならないかを教えていただく、かけがえのない楽しい時間を忘れることができません。

冨士森先生には本当にいろいろなことを教えていただきましたが、中でも記憶に残っているのは、顔面熱傷の際の眉毛移植・頭髪移植、義眼床ポケットの植皮にシリコンプレートを用いる方法、眼瞼下垂の大腿筋膜による吊上げ、様々な有茎皮弁、フリーハンドデルマトームの使い方、外腹斜筋フラップによる腹壁再建、母親の耳介軟骨移植による子供の下眼瞼再建、顔面血管腫のキルティング手術、ディレーフラップの切り離し、苺状血管腫の初期レーザー治療、全身麻酔で行なう太田母斑のドライアイス治療、当時まだご存命だった大阪医大田島教授(当時)を招いて名人の技を直接教えていただいた鼻骨骨切り、等々まだまだきりがありませんが、このくらいにします。

城北病院(現 北山武田病院)との関係

冨士森形成外科の入院手術は、城北病院で毎週行なわれていました。城北病院には冨士森形成外科を巣立った鈴木晴江先生が勤務され、形成外科、美容外科、メディカルエステを立ち上げて、関西の美容医療の先駆けとして頑張っておられました。

関西で初めて刺青を除去できるレーザーを導入したため、当時は警察病院からの問い合わせを含め関西一円から刺青除去の患者さんが集中し、私も見学がてらお手伝いにいかせていただきました。
当時医療用レーザーは非常に高価で、一つの施設に何台ものレーザーがあることはまれでした。その中で、県立尼崎病院を始め私が当時勤務した施設はすべて先進的なレーザー治療を行なっており、非常に幸運であったと思います。

一人で赴任した各病院

国立療養所 千石荘病院

本当は冨士森先生のもとでもっと勉強すべきだったのでしょうが、大学の人事と、自分一人で腕をふるってみたいという不遜な思いから、その後私は(今は統合されてなくなってしまいましたが)貝塚市にある千石荘病院に赴任しました。
前任の矢部先生が大阪市立大学に形成外科が新たに開設されるため、そのスタッフとして赴任されることになったので、急遽決まったのでした。
そこは昔の結核療養所でしたが、関西空港に近く、当時は航空機事故等が起こったときの防災基幹病院として形成外科を置き、救急機能を発展させる計画がありました(その後その計画は中止になり、私の赴任を最後に形成外科もなくなってしまいますが)。

形成外科医は私一人、皮膚科もないため私はその両方を兼ねて一人で外来と手術をこなしていました。もちろん大がかりな手術の時は外科や整形外科の先生にもお手伝いいただき、逆に手が足りないときには私が外科や整形外科の手術に入りました。
褥瘡や悪性腫瘍摘出後の筋皮弁手術を外科の先生に手伝ってもらい、外科で行なう下肢静脈瘤の大掛かりなストリッピング手術、整形外科の膝や股関節の人工関節手術に介助で入るなど、今では自分ですることはありませんが形成外科以外のいろいろな手術も学ばせていただきました。

岸和田市民病院他

その後大学人事の都合で岸和田市民病院形成外科も兼任することになり、当時はどちらの病院も形成外科医は私一人でしたので、千石荘病院に勤めたまま、岸和田でも週3回半日の外来と週1回年間180件程度の手術をたった一人で行っていました。(もちろん兼任ですから千石荘病院の方も外来と週2回の手術は従来通りしていました。)

岸和田は基幹病院ですから重症な症例も多く、悪性腫瘍や熱傷などの再建は一人では荷が重かったのですが、大学から応援を頼んだのは1回だけでなんとか乗り切りました。

和歌山角谷整形外科病院

そのころ、岸和田・貝塚から近いということもあり、和歌山市のスミヤ整形外科病院に週1回レーザー外来をしにいっていました。レーザーは冨士森形成にいたときに初めて使い始め、その後京都の城北病院で形成外科を立ち上げた現・鈴木形成外科の鈴木晴恵先生のところにお手伝いにいったこともあり、そのご縁で鈴木先生から紹介されてスミヤに行くことになったのでした。従って、私のレーザー歴もそろそろ四半世紀になります。

ドイツ留学時代

Marienhospital Stuttgart

こうして3年がたち、一人で何もかもやるスタイルが独りよがりになってはいないかと不安を覚えだした頃、当時の西村京大教授からドイツ留学の話が出ました。無給という条件面では厳しい留学でしたが、教授自身も学ばれたことのあるヨーロッパ最大の形成外科のある病院ということで、当時勤務していた3つの病院をすべて退職し、1996年4月にドイツ留学がスタートしました。

マリア病院形成外科は日本とは比べものにならないくらい規模が大きく、形成外科単独で毎日5つの手術室をフルに使って一日20件ほどの手術を行っていました(年間約5000件)。入院病床も形成外科だけで90ベッドありました。プロフェッサーは3人いて、一人は鼻、一人は顎と顔面骨、後の一人は乳房と手の外科、顕微鏡手術が専門でした。私はこの3人目のグロイリッヒ教授に主に乳房と手の外科、皮弁などを教えていただき、時間があればグービッシュ教授の鼻形成(トータルライノプラスティといって、鼻の形を全く変えてしまうほどの大がかりな手術)、ヴァンゲリン教授の顎切り手術などに入らせてもらっていました。

ドイツでは、日本の逆にお乳を小さくする手術、鼻を小さくする手術が主流で、また乳ガンなども形成外科で切除から再建まで全部やってしまうなど、日本とはずいぶん環境が違い驚きましたが、中でも、美容と形成の区切りがあまりなく、同じ手術室で豊胸と乳ガンの手術、鼻の美容形成と事故でつぶれた鼻の再建などが区別なく行われていたのが印象的でした。教授の計らいで、クローズドの学会(通常は教授と招待者しか入れない格式の高い学会)に連れて行っていただき、非常に質の高い選りすぐった数少ない発表をゆっくりと聞き、ブラックタイのフォーマルなレセプションで各国の一流のプロフェッサーたちにお目にかかることができたのも得難い経験でした。

帰国してレーザーを学びなおす

大城クリニック・銀座四丁目大城クリニック

日本に帰りたくないほど環境は良かったのですが、何せ無給でしたので生活費も尽き、帰国することになりました。帰国後の勤務先は、当時の埼玉医大形成外科・原科教授のご紹介で、教授の慶応大学時代の同級生である大城先生のところに決まりました。大城敏夫先生は日本で初めてレーザー治療を行った先生で、レーザー医学会・レーザー治療学会などを立ち上げた日本のレーザー医療の先駆者ですから、ドイツでしばらくレーザー治療と離れていた私としては願ってもない就職先でした。

大城クリニックには結局1年間だけしかお世話になりませんでしたが、その間レーザーはもちろん、銀座四丁目大城クリニックではさまざまな美容のテクニックを教えていただき、その経験はその後の私の美容医療の原点といっても良いもので、大変感謝しています。

京都時代

京都桂病院、城北病院

翌年、京都桂病院で、京大研修医の際にも、更には尼崎病院の研修医時代にもお世話になった寺島先生のご指導をみたび仰ぐことになりました。ご存じの方も多いでしょうが、寺島先生の手術の腕は驚嘆すべきもので、一緒にお仕事できて本当に幸せでした。わずか半年の勤務でしたが、後半3ヶ月は寺島先生休職の後を受けて一人でがんばり、ドイツ時代の研修の成果を確認することもできました。

2000年4月より、城北病院形成外科に勤務することになり、開業準備のため退職するまで約6年間、美容と一般形成外科を掛け持ちする形で診療を行っていました。美容ではニキビの患者さんが非常に多く、その間スキンケアに関する講演会なども開きましたが、開業後は、ニキビ治療をはじめ専門的な皮膚科診療は皮膚科専門医である小川基美先生にお任せすることにしました。
形成外科では、当時寺島先生がおやりになっていた診療を受け継ぐ形で、瞼の形成を多く手がけ、京都専売病院(現・東山武田病院)眼科でも主に眼瞼下垂の手術を行っていました。城北病院でもまぶた外来を開設し、近隣の眼科の先生から紹介を受けて眼瞼下垂や内反症の手術を行いました。
また、冨士森形成外科の入院手術が城北病院で行われていたため、手術に入らせていただいたり、術前術後管理等を受け持ち、再び冨士森先生のお教えを受けることとなりました。

城北病院からはこの間、鈴木晴恵先生(鈴木形成外科)、榎堀みき子先生(みずき皮膚科クリニック)、山本可菜子先生(山本可菜子皮膚科クリニック)、岩城佳津美先生(いわきクリニック)、鈴木京子先生(すずきかもがわクリニック)、藤井啓子先生(前・西梅田皮膚科)ら、多くの先生が巣立って行かれました。美容に関する考え方や経験はそれぞれ異なりますが、それぞれの先生ががんばっておられるのを耳にするにつけ、私も形成外科・美容外科の分野で患者さんの健康と幸福に寄与することができればと思い、日夜診療に励んでおります。