大江橋クリニック >   部位別のまとめページ >  額(ひたい)の悩み

● 休診  ● 午後のみ  ● 午前予約のみ

〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5 大阪JAビル 1階
お問い合わせは診療時間中にお願いいたします
tel06-6365-3500

* 1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 31 * * *
6
* * * * 1 2 3
  4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16 17
  18 19 20 21 22 23 24
  25 26 27 28 29 30 *

額(ひたい)の悩みと治療

形成外科が担当する治療

額のできもの・ほくろ

額のほくろ(色素細胞性母斑)

生まれつきあることもあれば(先天性色素性母斑)大人になってから発生することもあります。
盛り上がって目立ってきてから受診されることが多いのですが、盛り上がったものは原則的に手術で切除します。(レーザーは小さなほくろに向いています。大きなものはとりきれずに再発することがあり、傷痕も目立つことがあるのでお勧めしません。)

治療上大切な事は以下の通りです。

  • 額の皮膚はやや硬いので、丸くくり抜くより木の葉型に切った方が縫いやすいことがあります
  • 額のしわの方向(横方向)の切開にすると将来非常に目立ちにくい傷痕になります
  • レーザーや電気メスで熱を加えた傷は治りが遅くケロイドになりやすい傾向があります
  • 悪性が疑われる場合は確実に切除する必要があります
  • 基本的には全体を切除して組織検査を行なうべきであると考えます

イボや脂漏性角化症など皮膚のできもの

基本的には皮膚のできものは形なりに全切除して病理組織検査を行ないます。
稗粒腫(1ミリ程度の小さな白いできもの)などは診察室で小さく切開して処置することがあります。
小さなイボや性状のはっきりした脂漏性角化症などは、冷凍凝固法でとることもあります。

脂漏性角化症

シミのように大きく広がることもありますが、イボ状に褐色の硬いできものとして多発することがあります。時には「皮角」として硬く突き出してくることもあります。

脂腺増殖症

白く小さなつぶつぶが集団で皮膚に埋まったように見えます。多発することがあります。皮脂腺の集団で比較的深いところにあるので、レーザーで蒸散すると以外に大きな穴があきます。切除の方がきれいに取れます。

稗粒腫

白く小さなつぶが一つずつ個別に皮膚に埋まったように見えます。多発することがあります。レーザーで蒸散することもできますが、小さいものは小切開を加えて押し出すときれいに取れます。

汗管腫

白っぽく形の不整形な小さなできもの多発し、一部は繋がって地図状に見えます。通常は眼の回りに多発しますが、額やこめかみにも多発することがあります。レーザーで蒸散することもできますが、深く削る必要があるため跡形になることが多く、数が多くて大変ですが一つずつ切除した方が綺麗に治ります。

その他特殊なもの

ニキビやヘルペスの水疱なども額に多発することがあります。この他にもいろいろな種類のできものがあり、皮膚科と連携して診断・治療を行なっています。

脂肪腫、表皮嚢腫など皮下のできもの

表皮嚢腫

毛穴がつまり排出されるべき皮脂などが皮下に溜まったものです。上皮性の袋に入っていますので、毛穴の周囲を切開して、くり抜き切除を行ないます。
赤みがあり痛みを伴うなど腫れてきたものは、いったん抗生剤などで内服治療を行ない、赤みが治まってから手術します。

類皮(皮様)嚢腫

生まれつきあるいわゆる「奇形腫」の一種で、中に皮膚の一部や毛、歯、骨などが入っていることもあります。薄い上皮性の袋に入っていますので、注意深くとれば完全にとりきることができます。額というより眉の周囲や眼の回りにあることが多く、骨膜に付着するなど深いことが多いので、手術には時間がかかります。

脂肪腫

額のできものとしては次の骨腫とともにポピュラーなものです。多くの場合、前頭筋の筋膜の下や骨膜の上など深いところにできるので、脂肪腫の割には触って硬いことが多く、骨腫と間違えることもあります。半球状に徐々に大きくなります。筋肉や大事な神経の下にあることも多く、手術には時間がかかります。

骨腫

額のできものとしてはポピュラーなものです。多くの場合、額の中央に硬く丸いこぶとして発育しますが、左右どちらかにずれてできることもあり、脂肪腫と区別しにくいこともあります。半球状に徐々に大きくなります。頭蓋骨腫瘍ですが、ノミで強くこじるとはがれるように取れるので、局所麻酔で手術することができます。手術には比較的時間がかかります。

その他特殊なもの

額には神経や血管など様々なものに由来する腫瘍ができることがあり、またまれには内蔵の悪性腫瘍が転移することもあります。代表的なものは見たり触ったりすることでほぼ診断がつきますが、分かりにくい場合はMRIなどの画像診断が必要となります。

治療上大切な事は以下の通りです。

  • まず確実に診断をつけることが大切です
  • 診察のみでは診察がつかない場合、画像診断を他の施設に依頼したり、治療自体を大きな病院に紹介することがあります。
  • ありふれた腫瘍であれば手術法はほぼ一定しており、傷痕も綺麗に治りやすい場所です。

美容外科で扱う治療

額の傷痕を治したい

瘢痕切除術・瘢痕形成術

外傷や事故などの大きな傷痕だけでなく、水疱瘡の痕などの小さなへこみ傷も、傷痕を切除してきれいに縫い合わせると目立たなくなります。
額の外傷は「運動障害を伴う」という健康保険の規定にあわないものが大半なので、いわゆる美容手術として自費で行なうことになります。大きな傷はジグザグに切開するZ形成やW形成を行い傷痕の方向を変えて目立たせないように工夫します。

眉間の縦じわを手術で切り取る

一部の方には非常に効果的です

皺そのものを切り取って皮膚を縫い合わせてしまいます。もちろんその部分に細い傷痕は残りますが、肌質によってはほとんど分からなくなります。ヒアルロン酸などで補正してもすぐに再発したり、皮膚が折れて毛穴が繋がったような傷になってしまっている方は手術が向いています。

眉間の縦じわの解消にヒアルロン酸

フィラーは眉間を高くするのにも使います

眉間にくっきりとはいった縦じわや横じわは、不機嫌そうな、あるいは苦しげな印象を与えるのでなんとか薄くしたいと思っておられる方はたくさんいらっしゃいます。
ボトックスで眉を寄せる筋肉を麻痺させるのも一つの治療法ですが、筋肉や神経を萎縮させる方法はアンチエイジングに逆行しているように思われ、積極的にはお勧めしていません。

皺に直接ヒアルロン酸を入れて皺を浅くする方法が一般的ですが、深く刻まれた皺は完全には消えることがなく、また筋肉の動きによって徐々に復活します。
眉間全体にボリュームを持たせはりを出すことで、表情筋の動きを阻害せず自然な形で皺を目立たなくすることが可能です。

ヒアルロン酸で額の皺を盛り上げる

古い傷痕などが原因でくっきりとした横じわが目立つ場合など、ヒアルロン酸を注入することで皺のへこみを盛り上げ、目立たなくすることができます。
指で伸ばしても完全には消えない深い横じわの場合、フィラーを注入してもすぐには消えません。また無理に大量に注入するとかえって盛り上がることがあります。
フィラーは通常1年で吸収されるといわれますが、スキンケアや表情筋のトレーニング等正しく維持できれば数年間は注入時の状況を保てます。

額の幅を広げたい

額を脱毛する

額は通常、髪の生え際から眉までをいいますが、実際には前頭筋(額に横じわを寄せ眉を引き上げる筋肉)のある部分が額で、頭部との境目は皺がよるか寄らないかで見極めます。
生え際の形は人それぞれですが、日本的な美人の基準である「富士額」は最近の洋装には似合わず、やや広めの丸い額の方が表情も明るく理知的に見えます。生え際には三角形に下方に突き出した部分が数カ所あり、また左右どちらか一方が(毛流の関係で)下がったり産毛が多かったりする非対称性の生え際も多く見られます。
このような場合、額をレーザー脱毛すると表情も明るくなりすっきりします。しばらくは少し生え際がくっきりしますが、徐々に産毛が生えて自然になります。期間を空けて何回か脱毛すると自然なラインが得られます。

額の横じわ

眼瞼下垂

眼瞼下垂があると、額の筋肉を補助的に使って眉を上げ、視野を確保しようとするため額に横じわが多発します。しわの原因が眼瞼下垂であると確認できれば、健康保険で眼瞼下垂の手術をすることで額のしわが改善することがあります。
皮膚のたるみが原因となるなど症状によっては美容と見なされることもありますので、まずは医師と十分ご相談下さい。

眼瞼下垂の症状

皮膚科・アレルギー科が担当する治療

額の生え際の治りにくい湿疹・かゆみ

接触性皮膚炎

額に接触する刺激物質またはアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)によって、生え際などの皮膚が炎症を起こし、水疱ができたり赤くただれたりします。
頭皮につけたものによって、頭の中にはかゆみがないのに額だけかぶれることもあります。
原因物質との接触を避けないと、繰り返し症状が起こり、徐々に重症化することがあります。

治療上大切な事は以下の通りです。

  • 思いがけないものが原因物質となっていることがあります。まずは思いつく限りのものはいったん中止します
  • 毛染め剤などの他、使い慣れたシャンプー、ヘアスプレーなども原因になり得ます
  • アレルギーの「血液検査」などは必ずしも有効ではありません
    実際に使っている毛染め剤などによるパッチテストが必要なことがあります
  • パッチテストは当院では行なっていませんが、信頼のおける医療機関をご紹介しています
  • 原因物質が分かれば避け、消炎や保湿のために外用剤を使用します。内服が必要なこともあります

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症状の一つとして額やフェイスラインに治りにくい皮膚炎が続くことがあります。

治療上大切な事は以下の通りです。

  • 慢性化すると皮膚が厚くなり、黒ずんでしわが目立つこともあります
  • 同じ医師の下で長く治療を継続する事が最も大切です
  • アレルギーの血液検査などは必ずしも有効ではありません
  • 季節性があるので、悪くなる時期を把握しましょう
  • のみ薬などがあっていないと思ったら、医師に必ず相談する事
  • 転医するときは、今までの治療法などを書いた紹介状をもらう事

脂漏性皮膚炎

頭部や生え際などの皮膚が慢性の炎症を起こし、水疱ができたり赤くただれたりします。
頭皮の毛穴に常在する真菌などが皮脂を分解し、炎症物質を作り出すのではないかと考えられています。

治療上大切な事は以下の通りです。

  • 体質的なものといってもよく根気よく治療を続ける必要があります
  • シャンプーや髪の洗い方などを工夫することで改善することもあります
  • アレルギーの「血液検査」などは必ずしも有効ではありません
  • 基本的には炎症をおさめる外用剤での治療が中心となります

額の色素沈着

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎などの治りにくい慢性皮膚炎が続くと、額全体が灰褐色がかったくすんだ色素沈着で黒ずんでくることがあります。

治療上大切な事は以下の通りです。

  • 慢性化した皮膚炎が根本的な原因なので、まず皮膚炎をコントロールしましょう
  • 赤みやかゆみが治まってしまえば、色素沈着は徐々に改善します
  • メラニン色素をコントロールする内服薬が有効なことがあります
  • 下に紹介するレーザー治療を併用すると効果的です

太田母斑

額と眼のまわりを中心として青〜灰色がかったあざが広がって目立つことがあります。
生まれつきあることが多いのですが、思春期頃から範囲が広がったり色が濃くなったりすることもあります。
通常左右どちらか片方に現れますが、両側にある方もいます。健康保険でレーザー治療が認められています。

治療上大切な事は以下の通りです。

  • 保険のレーザー治療は、使用できるレーザー機器や治療間隔、回数などが規則で定められています
  • レーザー治療には痛みを伴うため麻酔が必要です。詳しくは診察でご説明します
  • 1回で薄くなる方はまれですが、治療を重ねるとほぼ完治させることができます
  • 治療後1週間はガーゼなどを当てる必要があり、日常生活に制限があります